物置の基礎知識

物置の選び方組立についてオプション

物置の組立について

工事手順

物置は、基礎ブロックの上に設置します。
まず、基礎ブロックを設置した後、物置本体を組み立てます。

物置の工事手順
詳しく工事手順を見る

基礎ブロックについて

基礎ブロックについて 本体組立の前に、基礎ブロックを設置します。

 傾斜の調整や通気性を良くし、物置に直接雨水や
 土が触れないようにするためです。

 物置のサイズが大きくなればなるほど、
 使用するブロックの数が多くなります。

地面がコンクリート・アスファルトの場合

地面がコンクリートやアスファルトの場合は、
水溜まりができないように、傾斜がついている場合がありますので、
傾斜調整工事が必要になってきます。(※別途費用となります)

ゴムシートやモルタルを使用し、水平に調整します。

アジャスター機能のある物置の場合、
許容範囲内であれば工事の必要はありません。

転倒防止工事について

風の影響で物置が倒れないようにするため、
転倒防止工事をしておくことをおすすめします。

地面がコンクリートの場合

地面がコンクリートの場合 オールアンカーなどで、付属のアンカープレートと
 物置を固定します。
 
 コンクリートの厚みが十分でない場合は、
 当該部分を削ってモルタルを流し込みます。




地面が土の場合

地面が土の場合 アンカープレートを取付けて、
 モルタルを流し込み地面とアンカープレートを固定します。

 基本的に、物置の四隅に打設します。






物置の選び方組立についてオプション