ポリカーボネート屋根材の違い★ブルー系編:商品情報ブログ

ファミテイからのお知らせです♪新商品情報などいろいろ掲載します!

このブログTOPへ

ポリカーボネート屋根材の違い★ブルー系編2018/09/15(土)

前回(ブラウン系)から引き続きまして、メーカー商品の屋根材を徹底比較

今回はポリカーボネートの中でも温度を抑えられるブルー系です



●ブルー系ポリカーボネート

LIXILリクシル クリアブルー





明るさ  : 約31%
熱線(赤外線)カット率 : 約37%
UV(紫外線)カット率 : 約100%


YKKAP アースブルー






明るさ  : 約26%
UV(紫外線)カット率 : 約100%


三協アルミ ブルースモーク





明るさ  : 約20%
熱線(赤外線)カット率 : 約40%
UV(紫外線)カット率 : 約100%



各社ブルー!青!というよりはやや黒・グレーに近い色の屋根材です。
陽を遮りますので屋根下は他に比べて熱くなりにくいですが、暗くなります。
最終的にはお好みになりますが、ガレージの屋根とすると、車内温度を抑える事ができて良いかもしれません。
屋根が日光を遮り、暗くなりますので、リビング前などには不向き……かと思います。



YKK レイナベーカポートグラン
工事込価格:136,080 円(税込)〜
こちらの屋根材がYKKAP アースブルーになります。



他の色味もこれから少しずつご紹介させて頂きます




キーワードから関連する記事を見る

豆知識