芝生張り 詳細

芝生(姫高麗芝)について

特徴 通常の高麗芝よりもきめが細かく、密度が高い芝です。
ゴルフ場のやグリーンにも使用されています。
成長が早いので刈り込み回数は多めです。
お手入れ 雑草はこまめに抜きましょう。
芝が伸びてきたら、刈り込みを行いましょう。 
肥料は年3回程。冬場は休眠期なので肥料はあげないで下さい。
その他 冬場は色が茶色っぽくなります。
霜や雪などからシートを掛けて保護をするとよいでしょう。

高密度のきめ細かい
美しい芝生
ゴルフ場のグリーンにも使用
日陰に強い
 

芝植込み工程

01.芝を張る前に、地盤を軽く耕し、均して、整地します。

02.まずは、芝生を1枚1枚並べていきます。

03.芝と芝の目地の大きさを同じかどうか注意しながら、並べていきます。

04.芝を張る場所の地形に併せて、はみ出した部分は、植木鋏で端を切り揃えます。

05.まっすぐに張るのは簡単そうに見えて、実は難しい。
千鳥に張っていきます。

06.芝を並べおわりました。

07.芝生の上に目土(真砂土)を入れ、芝の芽が見える程度に、敷き均します。

※土が多くても少なくても枯れてしまいます。

08.目土入れ完了。

芝と芝の間や、芝の側面にもきっちりと土を入れます。

09.最後に水をたっぷり与えて作業終了。

養生期間として2〜3ヶ月はできるだけ踏まないようにします。

 

1ヵ月後

毎日水やりをすれば、生き生きとした芝が育ちます。

芝生 商品詳細ページへ