サイクルポートの基礎知識

サイクルポートのメリット選び方のポイント色・屋根・オプション

本体色の選び方

住宅のサッシに合わせる

 プライスポートR住宅のサッシの色と合わせるのが一般的です。

 また、メーカーによって同じ系統の色でも、
 若干色合いが違ってきますので、
 同じメーカーのものと合わせると
 より綺麗に見えます。

 施工商品:プライスポートR



他のエクステリアの色に合わせる

 アートポート玄関ドア、手すり、フェンスなど
 他のエクステリアと合わせると、
 統一感があり、すっきりみせることができます。

 また、ナチュラルなお家には木製調の
 サイクルポートで住宅とマッチした
 外構にすることができます。

 施工商品:タカショー フル木製調アートポート


屋根材の選び方

屋根材は光の透過率や遮熱効果、カラーバリエーションが様々ありますので、
設置場所や用途に合わせてお選びください。

ポリカーボネート屋根

ポリカーボネートが最も一般的です。
ガラスの約250倍の耐衝撃強度を持ち、紫外線をほぼ100%カットします。

オススメの色は、すりガラス調(クリアマット・トーメイマット・かすみ)です。
明るく、汚れも目立たないのでおすすめです。 

ポリカーボネートの特徴 ポリカーボネート

熱線遮断(吸収)ポリカーボネート屋根

通常のポリカーボネートに、熱線をさらに遮断(吸収)してくれる屋根材です。

サイクルポートの屋根に使用すると、自転車・バイクが熱くなるのを抑えてくれます。
また、明るさも保てるすりガラス調色もあります。

熱線遮断(吸収)ポリカーボネートの特徴 熱線遮断(吸収)ポリカーボネート

熱線吸収アクア(防汚)ポリカーボネート屋根

通常のポリカーボネートに、熱線をさらに遮断(吸収)してくれる機能と、
汚れをがつきにくくなっている機能をプラスした屋根材です。

光触媒により太陽光で汚れを分解、雨水で流すことできれいな状態を保つことができます。

熱線吸収アクア(防汚)ポリカーボネートの特徴 熱線吸収アクア(防汚)ポリカーボネート

熱線遮断FRP(DRタイプ)屋根

日射での室内温度上昇を軽減するので、夏の冷房効率がグンとアップします。
冷房費が節約でき、省エネにも貢献します。

また、ポリカーボネートと同じく紫外線をほぼ100%カットしますので、
家具やフローリングの日焼けも防ぐことできます。

熱線70%カットUVカット熱線遮断FRP(DRタイプ)


また、燃えにくい素材で、防火地域・準防火地域や22条指定区域でも
使用することができます。
防火地域・準防火地域・22条指定区域で可能

※FRP板は製造上、初期に特有のにおいがありますが、使用していくうちになくなります。

ポリカーボネートとの違いとは?

FRPは「繊維強化プラスチック」のことで、
ガラス繊維をプラスチックの中に入れて強度を向上させた素材です。
日光の反射などによりスジ状の模様が見える場合があります。

FRPは、ポリカーボネート特有の熱膨張によるキシミ音が軽減されます。
また、どのメーカー(LIXIL・YKKAP・三協アルミ)のFRP屋根材も
DR認定されておりますので、防火地域にも使用可能です。

オプションを選ぶ

サイドパネル

目隠しとしてだけでなく、風の吹き込みも軽減してくれますので、
自転車やバイクの転倒を抑制してくれます。
サイクルポートだけ付けても、雨の吹き込みで自転車が濡れて
後からサイドパネルを取り付けられる方が多いですので、
はじめから検討して頂くと、取付が割安になります。

また、3面を囲うタイプもありますので、お好みに合わせてお選びください。

サイドパネル1段 3面囲い

サポート柱

片流れタイプの場合、突風の影響を受けやすくなっておりますが、 
サポート柱で強度アップすることができます。

着脱式のものもありますので、使用しない時は取りはずせて駐輪の邪魔になりません。

サポート柱 サポート柱 着脱

輪止め

自転車やバイクを繋いでおくことができるので、防犯対策にも使えます。

鍵だけでは不安という方、狙われやすい電動自転車をお持ちの方は、
追加で輪止めを購入しましょう。
大切な自転車・バイクを盗難の被害から防ぐことができます。

輪止め

物干し

自転車を停めていない時やテラス屋根としてサイクルポートを設置する場合の
洗濯物干し場として利用される方におすすめのオプションです。

吊下げ式と収納式がありますので、お好みに合わせてお選びください。

吊下げ物干し 収納式物干し

サイクルポートのメリット選び方のポイント色・屋根・オプション