カーポートの基礎知識

カーポートのメリット選び方のポイント色・屋根・オプション工事・メンテナンス

カーポートを設置するメリット

雨の日の乗り降りがスムーズになります。

雨の日の乗降りスムーズ 車の乗り降りの際に、雨に濡れる心配がなく、
 荷物の積み降ろしもスムーズ。

 乗り降りの直前まで傘をさす必要も
 なくなります。

 荷物が多くて、ドアの開け閉めに手間取って
 しまう時でも雨に濡れず快適です。


雨の日の乗り降りをスムーズにしたいなら、間口は大きめのサイズを選びましょう。
間口大きめサイズ


車内温度の上昇を抑えます。

車内温度の上昇を抑える 直射日光を軽減し、車内温度の上昇を抑えます。

 夏に乗車する際の暑さを軽減してくれるだけでなく、
 熱によるダッシュボードの変形やカーナビの故障も
 防いでくれます。


車内温度の上昇をもっと防ぎたいなら、
屋根材は熱を遮断・吸収してくれる、
熱線遮断ポリカーボネート・熱線吸収ポリカ―ボネートがオススメです。
熱線遮断ポリカーボネート


風雨から車を守ります。

風雨から車を守る 雨よる汚れやサビつきを減らし、
 ワックスが流れ落ちるのを抑えるので、
 車体のお手入れも軽減できます。




カーポートのお手入れも軽減させたいなら、
屋根材は汚れにくい加工がされている、
熱線吸収アクアタイプ・熱線吸収防汚ポリカーボネートがオススメです。

熱線吸収アクア


車を霜や雪から防ぎます。

 車を霜や雪から守る真冬の朝、車のフロントガラスに雪や霜が
 降りて、
雪おろし、霜取りに手間がかかって
 しまうことありませんか。
 
カーポートを設置するだけで、
 霜から車を守ることができるのです。
 カーポートの屋根がガラスの表面から逃げていく
 熱を抑えて、ガラスの表面温度の低下を防ぐから
 です。

 朝の忙しい時間でも霜取りや雪おろしの手間を省けて、大助かりですね。

積雪の多い地域は、積雪用のカーポートがオススメです。
積雪用カーポート
積雪用カーポートはこちら


紫外線による劣化を防ぎます。

紫外線による劣化を防ぐ 車の色あせやシートの日焼けの原因となる
 紫外線を防ぎます。

 大切な車を綺麗に長持ちさせることができます。

 カーポートの屋根に使われている「ポリカーボネート」は、
 紫外線カット率がほぼ100%なのです。



カーポートの構造について

各部位の名称

各部位の名称

寸法の表記について

寸法表記
間口・・・柱の後ろの先から前枠の先までの距離を指します。


奥行・・・前方の側枠から後方の側枠までの距離を指します。


柱高・・・梁の下の柱部分から地面までの高さを指します。



雨樋の流し位置について

カーポートには必ず雨樋がついてきます。
土間コンクリートの駐車場の場合は、水が排水しやすいように道路側に
勾配が付けられているため、雨樋も道路側に排水できるように設置します。

地面が土や砂利の場合は、写真のように自然浸透させます。
自然浸透 自然浸透

また、雨水マス等へ接続する方法や、側溝まで延長する方法などがあります。
雨水マスへの接続 側溝まで延長

雨樋の位置
1台用の場合の雨樋位置 2台用(縦連棟)の場合の雨樋位置 2台用(ワイド)の場合の雨樋位置
1台用(片流れ)の場合 
2台用(縦連棟)の場合         
2台用(横2台・ワイド)の場合
柱2本のうち、道路側の柱に雨樋を取り付けます。
柱4本のうち、道路側から1本目と3本目の柱に雨樋を取り付けます。
柱4本のうち、道路側の柱2本左右に雨樋を取り付けます。

駐車スペース以外の活用例

洗濯物干し場として

レイナポートグラン 家の壁に固定したくない場合や、
 テラス屋根では難しい大きなサイズの場合、
 代わりにカーポートを設置することがあります。
 テラス屋根と同様、オプションで目隠しパネルも
 ありますので、周りからの視線も気になりません。

 施工商品:YKKAP レイナポートグラン 1台用

外構のアクセントとして

エフルージュEX 外構のアクセントとして映えるカーポートの施工例です。
 後方支持タイプなら、開放的で駐車も楽にでき、
 立体感あるファサードが生まれます。

 施工商品:YKKAP エフルージュEX 横2台用(ワイドツイン)



カーポートのメリット選び方のポイント色・屋根・オプション工事・メンテナンス