サンルームの基礎知識

サンルームのメリットサンルームの構造選び方のポイント

各部位の名称と役割

サンルームの構造

屋根材・・・主にポリカーボネート素材でできており、雨や日光を遮る役割があります。
熱をより遮断してくれる「熱線遮断(吸収)ポリカーボネート」や、汚れが付きにくい「熱線吸収防汚(アクア)ポリカーボネート」など、機能性に優れたポリカーボネートもございます。

屋根妻パネル・・・屋根部分と側面部分を埋める三角の形をしたパネルのことで、
屋根材と同様、主にポリカーボネート素材でできています。オプションでこの部分に換気扇を付けることもできます。

正面ユニット・・・主にガラスでできており、テラス囲いは引戸、サンルームやガーデンルームは折戸になっています。
また、目隠し機能のあるすりガラス調のタイプもございます。

側面ユニット・・・正面と同様、主にガラスでできており、テラス囲いは引戸(3尺・4尺は高窓)、サンルームやガーデンルームは折戸になっています。

床材・・・床材の素材は、テラス囲いは塩ビデッキ(一部商品、人工木デッキ)、サンルームは人工木デッキ、ガーデンルームはタイルデッキとなっております。

柱・・・サンルーム本体を支えるための柱です。間口と奥行が大きくなると柱が増えることがございます。

寸法について

サンルーム寸法

間口【単位:間(けん)】

間口とは、横幅方向のサイズのことです。
ほとんどの住宅で採用されている「関東間」でのサイズ展開ですので、掃き出し窓の大きさに合わせて設置が可能です。

奥行【単位:尺(しゃく)】

奥行とは、家の外壁部分からサンルームの先端部分までのサイズのことです。
洗濯物干し場として利用する場合は、ハンガーの大きさや竿掛けの本数を考慮にしてサイズを決めましょう。

屋根高さ

テラス囲いの場合は、地面から屋根先までの高さを指し、約2m40cm前後あります。
サンルームやガーデンルームは商品によって異なりますが、ほとんどはテラス囲いと同等の高さとなります。

ランマについて

ランマ テラス囲いは、「ランマ」を追加して、
 屋根を高くすることができます。
(取り付け箇所にシャッターボックスがある
 場合などに用いられます)
 ランマ部分はFIX窓(窓が開けられないタイプ)か
 引き違い窓か選択することができます。




床高さ

地面から床面までの高さのことです。通常は、掃き出し窓の高さに合わせて設置します。
傾斜がある土地の場合は、ロング柱を使用して約1mまで対応が可能です。

サンルームの注意点

水密性・気密性を保てない場合がございます。

水密性 サンルームは、外壁部分に取付けるため、
 外壁材に凹凸がある場合など、
 サンルーム本体と外壁の間に隙間が生じ、
 雨漏れする場合がございます。

 居室として使用することは避けてください。



サッシ下枠に雨水がたまることがございます。

サッシ下枠に雨水 強風時にサッシ下枠に雨水がたまることが
 ありますが、水密性を高めるために必要な
 ことですので、ご了承くださいませ。

 また、排水性能保持のため、
 サッシ部分にホコリがたまらないよう、
 定期的にお掃除するようにしましょう。
 


結露が発生する場合がございます。

サンルームは、建物に比べて断熱性能が低いため、
結露が発生する場合がございます。

サンルーム内に電子機器や布製品を置かれますと、
結露が発生し故障やカビの発生の原因になる場合がありますので、ご注意ください。

お手入れ方法

レールのお手入れ

レールのお手いれ レール部分は砂やホコリがたまりやすい
 場所です。
 
 そのままにしておくと、戸車がすり減ったり、
 スムーズに戸が開閉されないことがあります
 ので、定期的にほうきや雑巾などで、
 掃除をするようにしましょう。



雨樋のお手入れ

エルボ ドレンエルボキャップを外すと、
 たまった落ち葉やホコリを取除けます。
 水の流れが悪い場合は、ここにゴミが
 溜まっていることがありますので、
 定期的に清掃しましょう。

 ※ドレンエルボキャップを外すと
 ホコリや泥水があふれ落ちます。
 目や口に入ったり、衣類にかかったり
 しないよう気を付けてください。


サンルームのメリットサンルームの構造選び方のポイント