ポリカ屋根材の違い★ブラウン系編:商品情報ブログ

ファミテイからのお知らせです♪新商品情報などいろいろ掲載します!

このブログTOPへ

ポリカ屋根材の違い★ブラウン系編2017/10/09(月)

メーカーことに屋根材も違うけれど、いったい何が違うのか……と気になった事はないでしょうか?

一見まったく同じに見えるポリカーボネート屋根材も、メーカーによって微妙に性能が異なります。

今回はその一部をご紹介



●ブラウン系ポリカーボネート

LIXILリクシル クリアブラウン





明るさ  : 約49%
熱線(赤外線)カット率 : 約34%
UV(紫外線)カット率 : 約100%


YKKAP スモークブラウン






明るさ  : 約28%
UV(紫外線)カット率 : 約100%


三協アルミ ブラウンスモーク





明るさ  : 約34%
熱線(赤外線)カット率 : 約45%
UV(紫外線)カット率 : 約100%




いずれもブラウン系の色味の屋根材です。
色味自体に大きな差はありませんが、屋根の下が最も明るいのはリクシル、暗くなるのはYKKです。
三協アルミは熱線カット率が高く、同等品の中でも熱の遮断力に優れていますね




お悩みの方は、担当者が現地へお伺いさせて頂き、
ご要望に合わせてご提案させて頂くことも可能ですので
まずはお気軽にお問い合わせ下さいませ








キーワードから関連する記事を見る

比較 豆知識 カーポート テラス屋根 YKK AP LIXIL 三協アルミ